毎朝一杯の飲むヨーグルトで腸内環境アップ

体の器官の中でも、腸はかなりデリケートな器官であるように思います。
ストレスやちょっとした食事で腸を悪くしてしまいがちですし、
そのような方はまわりにもたくさんいます。

けれども、そんなデリケートな器官ということは日々の自分の体調を
チェックできるという面もあるかもしれません。
腸が悪い時には「気をつけるようにしよう」と思えます。

半年前程から飲むヨーグルトを毎朝起きたときに飲む習慣を始めました。
ヨーグルトは腸内環境にとてもいい、ということで以前は
固形のヨーグルトを摂取していました。

ところが朝の時間のないときには食べにくいといいますか、
何度もチャレンジしても習慣化することはありませんでした。

半分あきらめていて、ヨーグルトの摂取はしばらくなかったのですが
ある時にふとスーパーで見かけたのが現在摂取している飲むヨーグルトです。
飲むヨーグルトも前から好きで、イチゴ味の紙の箱のタイプを
コンビニなどで買っては一気に飲んでいました。

ところが従来のものと違う点があり、それは1リットルほどの紙パックなのですが
丸いキャップで開閉できるところです。
それによりキャップをひねって開けてそのまま飲むことができるようになりました。
時間のない朝の時間帯にはとても助かります。
量的にはコップ1杯分ほどをぐいっと飲み干して出社しています。

おかげで毎日それ以来腸内環境は非常によくなったと思っています。
これからも続けていきたい習慣となりました。

便秘や下痢は腸内環境のバロメーター

腸内環境が崩れると便秘や下痢になったりします。
そのほかにも肌荒れや肥満にもなりやすく、免疫の低下によって
体調を崩しやすくなり風邪をひきやすくなったり生活習慣病の
原因にもなったります。

私の場合はとてもひどい便秘になってしまいます。
便秘になると辛いのがおなかが張って苦しくなり食欲もなくなります。
ひどい時には吐き気をもよおすこともあるくらいです。

そうならない様に日頃から腸内環境を整えるようにと努力しています。
腸内環境を整えるにはまず発酵食品や食物繊維を多く含む食品を
とるように心がけています。

発酵食品だけでも食物繊維だけでもダメでこの両方が充分に
なければいけないのです。

発酵食品には納豆、チーズ、キムチ、味噌、ヨーグルト、お漬物、などがあります。
食物繊維には野菜、くだもの、きのこ、豆類、海藻、イモ類などに
多く含まれています。

毎回の食事にこの発酵食品と食物繊維をとれるように気をつけています。
特にお漬物を毎回食べるようになってからはひどい便秘で悩むことも
少なくなってきたので効果があるのを実感しています。

便秘で困っている人は一度お漬物をたくさん食べてみるのをお勧めします。
すぐには効果が出ないかもしれませんが2・3日した時には
びっくりするくらいにすっきりすると思います。

便秘がちになってきたなあ~と思ったらそれは腸内の環境が
悪くなっている証拠です。
いつまでも健康でいられるように日頃から腸が健康でなければいけませんよね。

健康のカギを握る腸内環境の改善、毎日のヨーグルト

私は腸内環境を整える為に、毎日ヨーグルト等の乳製品を
食べるようにしています。
ヨーグルトを積極的に食べる前は風邪をひきやすく、便秘や下痢を
繰り返していました。

特に生理の前後には症状が酷かったので、何とか改善したいと思い、
ヨーグルトを食べるようになりました。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整えてくれると言いますし、
免疫力強化にも効果があるそうです。

ヨーグルトは生きて腸まで届くプレーンタイプのものを選び、
バナナやイチゴをつぶして混ぜています。
果物を混ぜる事によって飽きずに毎日食べる事が出来ますし、
食物繊維なども一緒にとれるので、一石二鳥だと思います。

最近は、腸内の善玉菌を増やしてくれると言う豆乳とバナナとヨーグルトを
混ぜ合わせて作る事が多いです。
豆乳バナナヨーグルトを食べ始めてから、肌の調子が良くなりましたし、
生理前のイライラの症状も治まってきました。
以前の様に便秘と下痢を繰り返す事もなくなり、腸内環境が良い状態
なのだと実感しています。

体の免疫力の多くは腸内で作られると言いますから、腸内環境を整える事は
健康にとても大切な事だと思います。
ヨーグルトは毎日続けて食べる事が大切なので飽きない様に工夫して、
毎日の習慣にしたいと思っています。

また、今はサプリメント等で効果的に摂取する方法もある様なので、
上手に取り入れていくのも良いと思います。
健康のカギを握る腸内環境の改善を毎日の生活で意識して、
食生活に取り入れていきたいと思います。

健康美は内側から作られる!腸内環境を良好に

腸内環境を良くするということは、私のライフワークとも言えます。
私はどちらかというと便秘ぎみで、普通に生活していると、
そして特に食べ過ぎが続いてしまうと、まったく便通を催さないタイプなのです。

これでは便がお腹にたまってしまいますし、お腹がいつも大きく、
固い感じで、大腸にたまった宿便の量もきっと相当なものに…なってしまいます。

そんな時に進められて始めたのが、コーヒーによる腸内洗浄です。
これで腸内に溜まった便や、宿便を取り除くことができ、大変に快適です。
通院でなく、医療機関の指導のもと、自分で自宅で行う方法をとり、
長年行っています。

当初は、コーヒーの中に、腸内で有効に働く酵素を入れ、質が高く
デトックス力の高い塩を加えていました。
腸内洗浄をして洗い流した時に、腸内細菌を良好に保つためです。

腸内での良質有効な細菌のバランスが、とても重要だからです。
これが整ってこそ、第二の脳とよばれる腸が良好に働くからです。

酵素はサプリメントとしても摂っています。
この酵素が腸内洗浄をしてデトックスした腸まで届くので、
常に腸内が活性化します。

腸内環境が良いと、肌にも如実に現れます。
腸内環境が悪いと、肌はもちろん荒れるし、口臭も酷くなります。
健康美は内側から作られると言いますが、まさに腸内から作られるのです。

日常的な食べ物にも、腸内環境を良好に保つものがあります。
キャベツやヨーグルト、納豆や甘酒など、やはり繊維質と酵素を
含む生野菜と、発酵食品は欠かせません。